エバンゲリオン スロット 天井

エバンゲリオン スロット 天井

あなたも好きかも:party animals ゲーム機
そういうところも好き……だから」とボソボソと呟いて頷いた

説得フラグ成立である

その様子に直樹は満足して、続けてマッカの方を見た

「マッカさん」「は、はい」 マッカの声が裏返る

目の前にいるのは人の良さそうな整った顔立ちの少年だった

どこかチンチクリンに面影が似ているが、だが少年というだけではない、男の顔もそこにはあった

あなたも好きかも:スロット 実機 防音
 それは思わずマッカも見とれてしまったほどだ

そして、そんな相手になんの相談もなく話を進めていた自分にどこか罪悪感を抱いたマッカは直樹を直視できずに無意識に下を向いた

だが直樹はそれに構わず話を続ける

「ここまで、おひとりでこの街の建設を支えてくださったマッカさんを俺は尊敬しています」 その言葉にマッカの顔が「ハッ」となる

それはマッカが久々に聞いた胸に響く言葉であった

同情ではなく、本心からの心の声を聞いた気がした

「姉も常日頃忙しい身であるとはいえ、ここまであなたに負担をかけ続けていたのは確かです

あなたも好きかも:スロット 修羅 の 刻 フリーズ
そして、それを黙って見逃していた俺も……同罪です」「いえそんなことは……決して」 マッカの心が温かくなる

努力をしてきた

それが認められた

だから報われた気がしたのだ

「そうしたあなたを差し置いて、何もしてこなかった俺がただ貰い受けて領主になるということはやはりできません

しかし、これからは忙しい姉に代わってあなたのお手伝いをすることはできるとは思います