スロット 野球

スロット 野球

 そのプレッシャーもだが、何よりリリアの気持ちに応えるべく、強くなりたいと望む

 あの笑顔に応えられるような、「あ……」「なに? どうかした?」 リリアのことを思い出す中で、彼自身は見ていないが、ある噂が頭を過(よぎ)った

「……エルクさん」 何かを思い立ったようだが、自分の意見に自信を持てないシドニエはボソボソとエルクに話を持ちかける

その意見を聞いたエルクは、ハッとした表情

「……今からですか?」「無理言ってるのはわかってます

でも、これなら……」 さっきから主語がハッキリしない会話を二人で、ボソボソと話し込み始めると――ユニファーニが痺れを切らしたかのように説明しろと叫ぶ

あなたも好きかも:パチンコ gif
「――ちょっと! シド!?」「――わひぃ!? は、はひ」「何か思いついたの?」「え、えっと……その……」 ハッキリしないおどおどした態度を取る

それを見たアルビオは、「それはきっとシドニエさんが話したくなれば、話しますよ、ね?」「は、はい」 アルビオにも覚えのある光景だった

あなたも好きかも:弱虫ペダル スロット ビックボーナス
自分に視線を向けられ、上手く整理がつかないなんてこと

 アルビオもあまり自分から意見を言えるような人間ではなかったから、シドニエの気持ちは痛いほど理解できた

 だからこそ、答えを出そうとするシドニエのことを考え、無理に聞き出すことはせず、落ち着かせなければと考えた

「それに僕らはライバルでもあります

あなたも好きかも:ハチンコ店
あまり手の内を晒し合うのも良くありません」「そ、そうかもしれないけど……」「そうですよ! 頑張って下さい!」「は、はい」「それでは善は急げですね、シドニエ氏」「は、はい! あの、すみません