スロット 百花 繚乱 サムライ ガールズ

スロット 百花 繚乱 サムライ ガールズ

「あ、ありがとう」「あの……私、女の子になるの夢で……どうしたらその身体に……」「えーと……長くなるから食べながらでいいかな……」「うん!!もちろん!!料理も言ってくれたらどんどん運ぶからねっ」トシフミは猫耳を立てて、尻尾を振りながらはにかみながら頷いた

それほど聞きたいらしい

セイ、ナンスナー、そしてトシフミから囲まれながら椅子のあるテーブルにすわり肉や魚などの料理と、ケーキをパクパクと食べながらどうしてこの身体になったのかという経緯を一から説明していく

当然、ナンスナーやトシフミに美射の話やその別人格のリングリングや、他の神々などの話もせざる得ないが俺は二人とも完全に身内であり、大切な仲間だという認識なので隠す必要は無いと判断して、全て喋ってしまう

あなたも好きかも:うる星やつら パチンコ 2ちゃんねる
ナンスナーは唖然としながらも、テーブルの上で料理を猛烈に食べながら聞いていてトシフミは時々悩みながら、俺の話を聞く

セイは当然全て知っているし、それがどれだけ重要で異常な話かも分かっていないので涼しい顔をしてワインを飲みながら、適当に茶々を入れながら聞いていた

あなたも好きかも:パチスロ guilty gear
大よそ話し終えると、トシフミは真面目な顔をして「……神様になれば……身体を入れ替えられるんだ……」と確認するかのように呟く

ナンスナーは「そっかータカユキも大変だなぁ

でもナンスナーさんや他の仲間たちが 居るから心配するな!!何とかなるぞ!!」と励ましてくる

セイはそれを見ながら「タカユコが最強だから、セイ様たちはついていくだけでいいだろ」と気軽に言って、話に飽きたらしく立ち上がり、他の仲間たちの談笑の輪に混ざって行った

あなたも好きかも:戦記絶唱しないシンフォギア パチンコ
「バカ女は、ほんとにバカだなぁ……タカユキだけじゃなくて タカユキの仲間たちも毎日必死に頑張ってるから、何とか回ってるだけなのにね」ナンスナーが食べる手を止めて、近くで喋りながら笑っているセイを呆れた顔で眺める

ナンスナーは子供のような言動と姿だが実は人生経験豊富なので、周りのことはよく見えているようである