スロット サンダーバード

スロット サンダーバード

「ああ、知っているよ

シュトとアトの保護者だろう」アプリコットの幼馴染みであるという言葉を口にせず、どちらかと"現在"のエリファス・ザヘトとして立場で、バン・ビネガーはその名前を口にする

アトがエリファスの名前が出たことに、激しく瞬きを繰り返したが、今は空腹を少しでも埋めてくれる、果物の紅茶に気持ちを奪われている様で、言葉を割り込んでくることはなかった

あなたも好きかも:抽選 パチンコ店
「えっと、アプリコットさまの幼馴染みで、親友っていうのは存じ上げていますか?」"幼馴染み"という言葉に、つとバンが眼を細めて、何かを思い出しているのが、リリィには伺えた

「そうだな、昔から付き合いがあるという話くらいしか、聞いてはいない

アプリコットさんも、エリファスさんも、彼女がまだ幼い頃、このロブロウに、よく来ていた、キャラバンが出逢いだったか

そのキャラバンの用心棒の男性が、エリファスの保護者だったと記憶している」「あ、はい

私も、竈番のマーサさんからそんな話を聞いています」リリィの勘が当たっているのなら、ネェツアークがまるで情報を集める様な雰囲気で、マーサの作ってくれた食事をとりながらも真剣に、この話を聞いていたのを覚えている

それは、ウサギの賢者が王都の郊外にある、鎮守の森の書斎で文献を読み漁って、長い耳を"ピピッ"と動かしている時の雰囲気に、とてもよく似ている

仕事に集中している時の顔に見えたから、"ネェツアークさんは、この話が聞きたいんだ"と思って、少女なりに実は密かに話を長引かせてみせていた

「ふむ、それでそのエリファスさんの事を考えると、御嬢さんはどうして悲しそうな表情を浮かべたのだろう?

ああ、その前に、アトに紅茶の指示を出してあげなさい

あなたも好きかも:パチスロ システム
お話に割り込んではいけないと、確り躾られているらしい

良い子だ」バンの"良い子"という言葉に、誉められた子とが判るアトは、表情を明るくして歯を見せて、笑顔をつくる

「じゃあアトさん、果物は4種類のを、1つずつください

お砂糖は3つにしてください」リリィの注文が確りと理解できたアトは、ハイっと元気に頷く

クラベルが、少しばかり離れた場所でその様子を、興味深げに眺め、小さく頷いてアトの接し方を見学する

「御嬢さんは、こういったお茶は初めてかね?」「はい、美味しそうだし、とても綺麗だと思います」バンが飲んでいる紅茶の、果物の薫りが空腹の為もあるのだろうが、とても良く感じてリリィは気持ち多めに頼んでみていた