スロット 効果 音 フリー

スロット 効果 音 フリー

私としても、あの方に加えて、エリス姉さまやジャルのお気に入りと直接話をしてみたかったのだよ』 直接目の前にいるかのように話すスピカ神

あなたも好きかも:cwc オンラインカジノ
 まあ、実際に考助の表情が見えていても何もおかしくはない

『お気に入り・・・ですか?』『あれだけ頻繁に交神しておいて、そんなことは無いと否定するつもりか?』『いえ、そんなつもりはありませんが・・・』『む

何か、他の女神達と話しているときとはずいぶん態度が違わないか?』『・・・・・・無茶を言わないでください

初交神の上に、今神具作りの最中なんですよ?』 気楽そうに(?)話しているが、現在の考助は神具作りの真っ最中であった

それもそうか

あなたも好きかも:アミューズ パチンコ 社長
済まなかった

だが、私もエリス姉さまやジャルと同じ扱いを希望する』 ようやく作業が終わった考助は、一つため息を吐いた

『そういう事なら、そうするけど・・・神様相手にいいのかな? 今さらだけど・・・』『ホントに今更だな』 ハハハという笑い声が、相手側から聞こえて来た

 エリスはともかくとして、ジャルやスピカは神様にしてはずいぶんとフレンドリーなのだが、そんなんでいいのかと思う考助だった

あなたも好きかも:パチスロ ツインエンジェル
『君は、いいのだよ

そもそもあそこにいたことがある、と言う時点で十分資格はあるだろう?』『・・・・・・何の資格?』『我々と親しくする資格、だな』 思わずそうなんだ、と納得しそうになった考助だが、ちょっと待てと思い直した

『いやいや、ちょっと待って

そんなことで?』『なんだ、聞いていなかったのか? 君にとってはそんなことかも知れないが、君が[常春の庭]に来た件は神々にとっては結構重大なことだったんだぞ?』『え!? そうなの?』『そうなのだよ

・・・そもそもそれなりの期間滞在していたというのに、あの方とエリス姉さま以外の者と全く会わなかったのは、おかしいと思わなかったのか?』『・・・・・・アスラとエリスしかいないのかと思っていた・・・』 考助の言葉に、スピカがため息を吐いた気配を感じた

『そんなわけなかろう? まあ、それだけ徹底して会わないようにしていたんだろうが・・・』『・・・まあ、僕はあそこでは、異分子だっただろうからね』『いやいや、待て

それは違うぞ? 会わないように注意していたのは、我々に対してだ』『え? どういう事!?』『君と言う存在は、この場所にとっては、それほど珍しい存在だったんだよ

珍しい、と言うか初めての事だろうな』『へー』『そんな珍しい君と言う存在がいることが知られたら、間違いなく君は檻の中の動物扱いになっていただろう

あの方もエリス姉さまもそれを避けたかったんだろうな』『うへえ』 その光景を想像して考助は、表情をしかめた