スロット5号機

スロット5号機

そして軽く笑い、呟くように──「"消滅の剣技《タッドミア・タキアット・アルシフ》"……!」『『『…………』』』 ──次の刹那に放たれた一筋の軌跡

 それによって敵の兵士達は切り刻まれ細胞すらをも残さずに消滅した

 軽く振るわれたブラックの剣魔術

あなたも好きかも:魁 男塾 スロット マイファス
放たれた光の刃が進み、一瞬にして敵の兵士を消滅させたのだ

 しかし消滅したのは敵の兵士達だけでは無い

あなたも好きかも:スロット 高設定示唆とは
支配者の大樹、数百メートルは何も残っていなかった

「やっぱやり過ぎちまうよなァ……莫大な魔力も消費するし……闇雲にゃ使えんな」 そして消え去った辺りを見渡し、頭を掻きながらため息を吐くブラック

 今の魔術はかなりの破壊力を生み出す

だがしかし、だからこそ簡単には使えないのだ

 不死身の肉体を持つ生物兵器

そんな兵士達を再生させる暇も与えずに消し去る魔術

あなたも好きかも:田川郡 赤池 パチンコ
それが直径数百メートルの距離に届くのならば、一人なら良いが多くの者が居た時に生じる被害は計り知れない程になりうる

 なのでそう簡単に使う訳にはいかないのである

「なあ、テメェらもそう思うだろ? 裏切りコンビ」「クク、裏切りコンビってのは中々の言い様じゃねェか……」「まあ、当たっているからね

裏切った国の幹部に言われても仕方無いさ」 そしてブラックは気配を消しながら近付いていた者達に言い、その者達──ゾフルとハリーフはブラックの言い方に不敵な笑みを浮かべていた

「なんつー偶然だよ

たまたま此処に居たのが俺で此処に現れたのがテメェらってのはな? 運命ってのは存在するのかねェ」「ハッ、知らねェよ

運命なんかあっても無くても関係無ェ

自分《テメェ》の道はテメェが勝手に決めるもんだろ」「フフ、しかしこうなると……運命という不確かな存在も信じたくなりますね……ブラックさん?」 不敵な笑みを浮かべる二人に向け、クッと歯を剥き出しにしながら笑って話すブラックと、それに返すゾフルとハリーフ