ハノイ カジノ ホテル

ハノイ カジノ ホテル

それだけに消耗も激しく、制御も困難であるとシーラがいっていたことも、だ

 発動当時、血は、それこそ莫大な量、流れていただろう

 最終決戦終盤

戦場に大量の血が地に満ちていたのは紛れもない

あなたも好きかも:ストファイ スロット 中段チェリー
ハートオブビースト・ナインテイルの発動条件が整っていたのは疑いようもないのだ

だから、そこに疑問は持たない

問題は、それからのことだ

あなたも好きかも:3号機 スロット 中古
それから約二年以上もの長い間、ナインテイルを維持し続けるなど、とてもではないが、人間業ではあるまい

人間ならば身も心も持たず、命を燃やし尽くしているはずだ

 では、シーラは人間ではなくなったとでもいうのか

人外に成り果てたというのであれば、人間と同じように栄養補給の必要はなくなるかもしれない

が、それは少しばかり考えにくい

 シーラがナインテイルを発動したのは、ヴァシュタリア軍との戦いの最中だという話だ

つまり、“大破壊”が起きるよりずっと前のことであり、世に白化症の原因が満ちるのはずっと後のことなのだ

シーラは神人化したわけではないということであり、神人の限りない力が九尾を支えているというわけではなさそうだ

そもそも、神人化したのであれば、龍府やザルワーン方面を護ろうとはしなかっただろうことは明らかだ

 神人化したものは、神によって使役さえない限り、周囲に破壊と殺戮を撒き散らす災害となる

 シーラは、そうではない

 普段は、山のように丸くなって静まり返り、なにかしらザルワーン方面にとって良からぬことが起きたときのみ、暴風の如く駆け出し、あっという間に物事を解決するという