ダンメモ カジノ チート

ダンメモ カジノ チート

「〝――少年はファフナー・フィリオンという名を与えられて、世界を食らう『悪竜(ファフナー)』として大人たちに育てられていく

 ――すぐさま、あらゆる耐性を作る儀式が行なわれた

 飢えさせ、凍えさせ、火で炙るくらいでは、易し過ぎる

あなたも好きかも:カクテル バカラ
 毒を食らわせ、骨を砕き、肉を裂き、臓器を刺し、灼熱を泳がせた

あなたも好きかも:ピギーちゃん 貯金箱
 ――あらゆる悪逆を知る儀式が行なわれた

 世の悪行を体験させては、その悪行に手をつけさせる

 共食いを初めとして、人の禁忌とされるものは全て網羅させた

 ――あらゆる邪智を知る儀式が行なわれた

 あの『世界の主』こそが、空に暗雲を覆わせた『邪神』と教えられた

 しかし、我らが『悪竜』こそが、その『邪神』を殺して真の神となる資格があるとも

 ――次々と、魂を歪ませる儀式は行なわれた

 世界が滅びようとも、嗤えと

あなたも好きかも:スロット サラ番 頂 引き戻し
 誰を犠牲にしても、愉しめと

 魂の溜まり場である『最深部』まで、たった独りでも食らいに行けと

 大人たちは、古代からの伝承を守った

 たとえ、この少年に嫌われ、恨まれ、殺意を持たれてでも教え続けた

 世界を嫌い、恨み、殺意を持って、使命をやり遂げて欲しかったからだ

 こうして、何千年と続く『竜人種』たちの誇りをかけて、悪竜の魂は磨き上げられていった