スロット 実機 最安値

スロット 実機 最安値

「あ、しまった

容器!」 考助は、すっかり漬け込むための容器のことを忘れていたのだ

 普段料理をしないので、根本的なところを忘れることがある

 そこですかさずフォローをしたのはミツキだった

 これほど大量の食材を用意しておいて、いきなり全部を食べるわけではないだろうと予想していたミツキは、きちんと容器のことも考えていたのだ

 といっても、どこかに取りに行ったとかではなく、アイテムボックスの中に適当なものがないかと見繕っていたのだ

あなたも好きかも:ビビット スロット 評価
「――考助様、これは?」 そう言ってミツキが取り出したのは、ジャムとかを入れておくための容器だった

あなたも好きかも:低スペック オンラインゲーム steam
「うーん、重しが入るかどうか・・・・・・まあ、いいか」 ミツキが用意した入れ物は、重しを入れるための口が小さい気もしたが、とりあえず急場の物として採用することにした

 ついでに、梅の実を入れている途中で思い出したのだが、袋に水を入れて重し代わりにすることを思いついたので問題にはならなかった

あなたも好きかも:2.5次元 スロット
  考助が一通りの作業を終えて満足気に一息を着いたところで、フローリアが話しかけてきた

「それで? これは一体なんだ? いや、食べ物だということはなんとなくわかるが」「うーん

それはできてからのお楽しみで