スロット バラの儀式

スロット バラの儀式

英雄の話が"策謀"が関わる話になっていくのを、子どもながらに気づいていながらも、言葉を止められなくなっていた

『でも、ならどうして、最も血を流すだろう英雄候補が3人も、この国には育てられようとしているのですか?!

あなたも好きかも:パチンコ 着信アリ 予告
矛盾しています!英雄がいるから、戦争が、争いが起きないのではないのですか?!』賢いアングレカムの子どもだから、色々な矛盾や、"長すぎる策"に気がつけないでも、おかしくはないとユンフォにもわかっていた

(アングレカム様、幼いアルセンには、貴方が練り上げた、途方にも無謀にも見えるかもしれない

あなたも好きかも:富士見会館 ぱちんこ
けれど"人間"が安寧の大切さに気がつき、続ける為の"策"を話すのをお許しください)『―――それはまだ、英雄の仕組みが、"2回目"の仕組みを動きだしたばかりの、"中途"だからです

まだ、策は1度目の地均しをすまし、やっと2度目が施行を始めたばかりですから』『2度目の、中途、って、え?施行、?』アルセンの緑色の瞳が、少しだけ不安の色を孕ませて"父"が考えた策を語るユンフォを見上げる

『アングレカム様が、練り上げられたのは、悲しくも愛しい"人間"の性を知った上の策です

あなたも好きかも:織田信長 パチンコ
人は―――"安寧に飽きる"という、恐ろしい生き物だと、アングレカムは気付いていらっしゃった』既に動いてはいたが、書面に認めていなかった大まかな"英雄の仕組み"を書き上げた後、アングレカムは小さく嘆息していた

『ユンフォ

自分が神にでもなったつもりで、策を練っているわけではないのですが、どうも、人というモノが、悲しくて堪らなくなりました

そして、多分私の他の先人も気がついていたとは思うのですが、皆さん、策は練っても頓挫したか、"遺志"を続けて貰えなかったか

それとも、私みたいに非情なやり方はやはり駄目なんですかね』アングレカムはそう言って急逝する前に、施行中である"英雄の仕組み"の文章を書き上げた物をユンフォは預け、清書を頼んでいた

『―――アルセン、英雄はある種の"見せしめ"なんです』『"見せしめ"って

そんな、人を物みたいな言い方を―――』父親が哀しんでいたように、息子も人を人として扱わない言葉に哀しみを感じていた

アルセンが哀しんでいるのをわかっていながらも、ユンフォは彼の父が練った"仕組み"に乗っ取って言葉を続ける