妖怪道中記 スロット

妖怪道中記 スロット

 天秤の針は、ゆっくりと――…………

「マリアを説得する」「お!」「アヤメの助力になる、と言い訳すればきっと……………」「勝算は?」「一縷の望みだ」「思ったより低いのぅ」 タガネは覚悟を決めた

 世界が滅亡する事態は回避すべきである

 大陸の情勢の混乱により、剣爵にも少なからず影響が及んでおり、マリアの公務が増えていることも知っていた

 正直、世界の危機よりはマリアが恐ろしい

あなたも好きかも:都内 優良 店 スロット
 マリアの為にも戦わなくてはならない

「死ぬ覚悟はできた」「おおぅ…………」「それで、どんな案件だい」 タガネの瞳が危うい光を宿す

 ベルソートはそれを良しとすべきか否かを悩みつつ、現状がタガネを頼る以外にしか前途が開けないことを承知していた

 呼吸を整えて

 ベルソートは内容を口にした

あなたも好きかも:パチスロ 双龍 公約
「回収と言ったんじゃが」「うん?」「正しくは兵器の『保護』じゃ」「保護…………」 回収でなく保護

あなたも好きかも:スロットメーカー 動物
 その言葉の違いに、タガネはその回収物について予想が立ちつつあった

「…………やはり断っても良いかい?」「無理」 ベルソートの苦笑に、タガネは肩を落として渋々と任務を遂行することにした

倭国は、極東の島国である

 近隣には大国の1つであるジャングオ民国があり、大昔から互いに貿易を繰り返しては技術の供与で共に成長してきた友好国だ

そのような経緯のためなのか、ダンジョンに指定されるほど危険な海域に囲まれた上に、幕府の命令によって鎖国されたあとも、特別にジャングオ民国だけは貿易を許されていたという

 大昔からサムライたちが活躍しているという島国だが――――――その島国は、変わろうとしている