セカンド ディール

セカンド ディール

開くぞ、構えよ」「いつでもいいよ

あなたも好きかも:パチンコ ハンマー 事件
二人も少し退がって警戒を」 マグルさんはゆっくりと立ち上がるとマーリンさんの後ろまで避難した

僕とミラも彼女の背中に隠れるようにその光景を待っている

ボロボロと古くなったタイルが剥がれるように、世界はその上っ面を引っぺがされて本性を————「——っ‼︎ コイツは……ッ‼︎」 現れたのは一頭の巨竜だった

かつてフルトの大山で相対した物とも、アーヴィンに大挙して来たものとも比べ物にならない

あなたも好きかも:クレタセロス・パーク
最も大切なものを守る為に遣わされたのだろうとすぐに分かった

ゆうに三メートルは下らない体高が、地に臥せったままの姿だと気づくのには数秒の時間が必要だった

「…………アギト、大丈夫

あなたも好きかも:豊島区 パチンコ バイト
今度こそ私が…………? アギト……?」 胸の奥、肚の奥からどす黒い感情が押し上げられて来た

怒りや憎しみではない、もっと単純で明快な感情

恐怖と、それに伴う拒絶

脂汗が流れ出てくる

みんなの姿が小さく見える

僕だけが遠く、危険な場所に取り残されてしまった錯覚に陥ってしまう

「ミラちゃん、退がって…………? どうしたことだ、これは……」「……うんむ、おぬしも気付いたか」 アギト! と、強く手を握られて僕はようやく意識を取り戻した