スピード・キャッシュ

スピード・キャッシュ

おまえ、それでも充分、先輩を助けてたから

先輩だってわかってるから」 背中を撫でながら慰めると、相川はまた「……グス」と鼻をすする

 立花は鼻からゆっくりと息を吐き出すと、真顔でいる反町を振り返った

「結局、勇美に捕まったときの状態もそういうコトだな」「……ああ」「勇美、二十分くらいで来るって」 携帯電話を下ろした岡崎はそれをテーブルに置いて反町に告げ、頬を引き攣らせて笑った

あなたも好きかも:カジノ 攻略 グラブル
「学園でのこと、まったく反省してないみたいだから

……よろしく」 何が「よろしく」なんだ

と、反町はじっとりと目を据わらせ、鼻からため息を吐き、まだ頭を下げたままでいる相川を振り返りソファから見下ろした

あなたも好きかも:スロット 設置ランキング
「……相川

あなたも好きかも:田原市 パチンコ 店
いつまでそうしてる気だ

メソメソするな

イラッとする」 不快げに吐いてあしらう彼に、隣の洋一は眉を上げた

「おまえだってイベントホールでメっ」 ボフッ、と再び脇腹に拳を食らった洋一は、息を詰まらせ脇腹を押さえてソファに倒れる

その姿を横目で睨んだ反町は拳を下ろし、一気に息を吐き出して胸の前で腕を組んだ

そのまま目線を斜め下に向けて考え事を始める彼に、立花はジュースを一口飲んで首を傾げた