ネッテラー 引き出し 手数料

ネッテラー 引き出し 手数料

周囲に警戒をしていなかったとは言え、部屋に近づいてくるのであれば足音に気づくくらいはできただろう

ということは、同胞は少し前から扉の前でこの話を聞いていたということか

あなたも好きかも:マジハロ5 スロット
「あ、えっと……お兄ちゃんは誰?」「誰でもいいさ

ちょっと興味のある話をしていたから、ちょっと顔を出しただけの説明好きなお兄さんだ」 思わず同胞の挨拶に咳き込む

普段から説明を省いてばかりの同胞がよくもまあそのようなことを言えたものだ

あなたも好きかも:スロット 天井狙いとは
「同胞、この話は俺から――」「君は今のメリーアのことを考えた上で説明しようとしているのかな?君の自己満足の為に嫌な思いをさせるのは感心しないよ?」「それは……」「まあ『僕』が説明したあとに、好きなように補足すればいいだろ?」 同胞は柔らかく笑いながらメリーアの寝ているベッドに腰掛ける

メリーアは僅かながらに反応を示したが、同胞がそれ以上近寄る素振りがないのを感じると僅かに警戒を解いた

「ええと……それで……」「まず確認だけど、君の姉は帰ってこなくなってからどれだけ過ぎたのかな?」「同ほ――」 割り込もうとするのを予測していたかのように、俺の方に同胞が手を向けて制止してきた

しかしいきなりそのようなことを今のメリーアに切り出すなど、躊躇がないにも限度があるだろう

「……一年くらい」「そっか

あなたも好きかも:gap ルーレット
メリーア、君はとても賢い

だから本来夢見ていた職業ではなく、父親や姉と同じ聖騎士になっていたことから薄々勘付いてはいるんだろう?君の姉は帰ってこなかったって」「……う……」「泣いてもいい

だけど先に話を進めよう

君の姉の命を奪ったのはメジス魔界にいた大悪魔、ベグラギュドという魔物だ」「ベグラ……ギュド……」 その名を口にするメリーアの目に、僅かながら怒りのようなものを感じた

姉の命を奪ったのは当然として、父親の命を奪ったのもメジス魔界の悪魔なのだ

恨むことには抵抗がないのかもしれない

「恨む必要はないよ

ベグラギュドはとっくに死んでいる