まどマギ スロット a

まどマギ スロット a

「ところで、話は変わるが、我が娘ハクア、そして北方騎士団長ネージュを嫁にしたいというのは間違いないか?」  族長の視線が険を帯びたものに変わる

当然だ、愛する娘を嫁に欲しいなんて言われたら皆そうなる

「はい、必ず幸せにします」「……そうか

英雄という立場、各国における地位、そして我が国における功績、どれも申し分ない

ホワイティア族長としては許そう」「ありがとうございます」「だがな、私とて人の親、英雄殿に1つだけたずねても良いかな?」「何なりと」「ありがとう

あなたも好きかも:ベラジョンカジノ visa
では聞かせてくれ、もしハクアとネージュが、同時に危機に陥ったら英雄殿はどちらを助けるのかな? 正直に答えてくれて構わない」「そんなの決まってます

2人とも助けますよ、俺にはそれが出来る

その程度のことが出来なくては、英雄は名乗れませんからね

その名に恥じるような生き方は絶対にしません

あなたも好きかも:オンラインゲーム フレームレート
そして、このホワイティアも、俺の故郷の一つになりました

俺にできることなら何でも協力は惜しみません」 「ククッ、即答か……面白い男だな、気に入ったぞ婿殿」 険しい顔が破顔すると、すっかり優しい笑顔になり、力強く抱きしめてくれるハクシ族長

ちょっとだけ父さんを思い出して泣きそうになったのは内緒だ

 そして、族長に言われて考えたことがある