スロット 旧台 設置店

スロット 旧台 設置店

 この頃ル・オー・タイイ森南西角・第28号臼砲砲台の東側にも第27号砲台が竣工し、12センチカノン砲4門が配されて同じくペルーズ高地に向け砲撃を始めています

 砲台築造は続き、2月1日にはバヴィリエ(ベルフォールの南西3キロ)南東側、鉄道を挟んで第25砲台の隣にベルフォール市街外壁を目標とする第33号砲台(備砲12センチカノン砲4門)の工事が起工しました

あなたも好きかも:スロット すずみや やめどき
更に攻囲兵団砲兵部長のフリードリヒ・エルンスト・フェルディナント・フォン・シェリハ中佐は、完全に確保したペルーズ森にもラ・ジュスティス、ラ・ミオット両分派堡や重城を目標とする3個の砲台築造を命じ、その設置場所が選定(森の北縁中央)されます

これは第37、38、39号砲台と命名され、それぞれ強力な15センチカノン砲4門が配されることとなりました

しかしこの設置場所はオート・ペルーズ分派堡から僅か500mしか離れておらず、同じくラ・ジュスティス堡からも直射出来たため、作業は砲弾降り注ぐ中行わなくてはならないという悲惨な状況となり、工事は短時間の作業と中断の繰り返しでなかなか捗りませんでした

あなたも好きかも:パチンコ フルハウス 戸越
 このため独攻囲兵団は、月末に起工したペルーズ東郊外・街道(現・国道D419号線)の切り通し縁に造られる第31号砲台(当初は60ポンド滑腔臼砲2門と27センチ滑腔臼砲2門

後に60ポンド滑腔臼砲6門に統一)と第32号砲台(12センチカノン砲4門)が完成次第敵分派堡に砲撃を加えることで何とかしようとするのでした

 仏軍側も独の砲台新設には敏感に反応し、ペルーズ高地の両分派堡間に更なる塹壕と胸壁を造ろうとしますが、これには独軍が日中対壕からの銃撃と夜間砲台からの砲撃で妨害し、こちらもなかなか捗ることはありませんでした

塹壕で小休止する独後備兵 独軍の対壕作業の方は1月31日夜に第一平行壕とペルーズ高地間の中間地点までに延びる数本の狭い対壕を完成させ、引き続き第二平行壕の掘削が始まりました

現場は堅い岩盤が所々露出する地質でツルハシやシャベルでは歯がたたない岩盤部分では爆薬が仕掛けられ爆破されました

 第二平行壕とその交通壕は幅1.3m、深さ1.1mで造られ、専ら夜間に掘削されています

この作業と同時進行で第二平行壕内となる予定地の東と西に直接近距離からペルーズの両分派堡を狙う軽臼砲砲台・第29号(15センチ滑腔臼砲8門)と第30号(15センチ滑腔臼砲4門)も起工しています

 正攻法と砲台築造が進むに従い、作業の困難もまた比例して増えて行きました

あなたも好きかも:ガルパン パチンコ ミュージックスタート
これには天候も影響しており、2月上旬、天気は晴天が多く夜間も月明かりが積雪に映え、真っ白な雪原に攻城作業は黒々と浮かび上がり遠方からでも判別が出来たためで、ベルフォール要塞とその分派堡からは狙い澄ました砲撃が加えられ、独兵の作業は砲撃が中断したり弱まったりした間隙を突いて急ぎ行い、砲撃が激しくなったら運の良い者は掩蔽へ、運の悪い者は地面に伏せて神に祈る、といった具合でした