ブラックジャック 料理

ブラックジャック 料理

「違約金だ

これで俺たちはもう何の関係もない

その金で他の奴らを探すなり好きにするがいいさ

とにかく、俺たちはこれで降りる」 それだけ言って男はくるりと依頼主に背を向けた

 それと同時に、成り行きを見守っていた仲間の二人もその男に付いて行った

 半ば呆然と男たちの行動を見守っていた依頼主は、手にある袋を見つめながら呟いた

あなたも好きかも:パチンコ 神社前
「まさか、そんな馬鹿な・・・・・・」 その言葉を聞く者が、他に誰もいなかったのが依頼主にとって幸運だったのか不運だったのか、それはまだ誰にも分からないのであった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ 翌朝

 考助たちは、扉の外で強盗まがいのことが行われていたなんてことは分からずに、すっきりとした目覚めを迎えた

あなたも好きかも:3000円 パチンコ スロット
 コウヒやミツキであれば、気付こうと思えば気付けただろうが、考助作の魔道具を完全に信頼してきっちりと寝入っていたのだ

 そして、これが考助たちがわざわざ大部屋を借りている理由の一つだった

 今更一つの部屋で寝泊まりすることには何のためらいもないうえに、魔道具は一つしか用意しなくて済むのだ

 それならわざわざ二部屋借りるなんていう面倒はかける必要はないのである