偽物語 スロット 待機中

偽物語 スロット 待機中

「…………ッ!」 キュリテは咄嗟に避けたものの、槍のいくつかが足と腕に刺さって出血する

「ほら、気を付けてと言ったのに……人質になりうる存在を重宝しない訳無いでしょう? ……まあ、人質の方にも罠がある事は伝えていないから、動かないように気を付けて下さいね?」 ハリーフはレイの周りに罠を仕掛けたと言い放った

 その事はレイにも教えておらず、レイが動いた瞬間に何が起こるか分からないと言う

あなたも好きかも:長岡 パチンコ 屋
「……!」「レイちゃん……」 動けないながらも、レイは視線でキュリテに来なくて良いと訴える

それを見たキュリテは止まり、ハリーフの方へ向き直った

あなたも好きかも:想定 科学 パチスロ
「だったら……ハリーフ! 貴方を倒してレイちゃんを救う!」「フフ……良いでしょう……超能力というものに興味がある……さあ、続きといきましょうか?」 刹那、キュリテは連続して"テレポート"を使い、前後左右上下とハリーフの周りに連続して消えては現れ、消えては現れを繰り返す

あなたも好きかも:パチンコ フィーバー 黒磯
「これは一体どういうつもりかなキュリテさん? 適当に移動して私を翻弄しようという魂胆かい?」 そんなキュリテを見たハリーフは余裕を出しながら槍を周りに浮遊させる

「この槍に死角は無いのさ……」 そしてその槍はハリーフを囲うように漂っており、確かに死角は無さそうな雰囲気だった

「そう……」「死角が無いんだ」「けど……」「死角が無ければ」「作れば良い!」「…………」 キュリテの"テレポート"

その速度は早くなっており、どんどん加速していた

 ハリーフもキュリテが何の考えも無しに"テレポート"を多用しているとは思っていないので、しっかりとそれを観察していた

「"テレポート"の際に……!」「私が居た空間には隙間が出来る……!」「そして」「その隙間を埋める為に周りの空気は」「高速で縮む!」「つまり」「それと同時に大きな風が発生するんだよ!」 刹那、キュリテが連続して移動した空間に風の隙間が出来上がり、そこを中心に強風が吹き荒れた

「……成る程

しかし、だからどうしたと言うんだ?」 そして、風を槍で貫いて破壊するハリーフ

 その瞬間、キュリテはハリーフの近くに居た

(貴方の槍が一つでも消えれば問題ないでしょ?)(…………!?) さっさと用件をつたえる為、ハリーフの脳内へ直接声を届けるキュリテ

キュリテはハリーフの前に手を差し出しており、「吹き飛んじゃえ!」「──ッ!! "槍の(ハルバ・)"……!!」 そしてハリーフはキュリテの超能力によって向こう側へ吹き飛んだ

*****『ウオオオオォォォォォ!!!』「"土の壁(ランド・ウォール)"!!」 バロールが放った拳の一薙ぎにより、フォンセの壁が砕かれる