マジンガーz スロット 天井

マジンガーz スロット 天井

「くれぐれもテテュラをお願いね」「かしこまりました、主人(マスター)

主人(マスター)も十分気をつけますよう……」「ありがと

あなたも好きかも:桑名 駐車場 パチンコ
……てなことだから、テテュラも安心して」「ええ、ありがとう

ただ問題なのは、貴女のデーモンに簡単に主導権を握られるのが一番の不安だわ」「は、はは

元の身体に戻るか、インフェルの憑依無しで問題ないって言われれば、ちゃんと回収するよ」 これに関する不安、不満は付き纏(まと)うようで、こっちが本人的には一番嫌そうだ

「じゃあそろそろ行こうか

あなたも好きかも:南大塚 ぱちんこ
テテュラ、出発までもう少し日にちもあるし、また顔出すよ」「テテュラちゃん、お休み」「ええ」 俺達がテテュラの部屋を出ようとした時、ナタルは、「ちょっと先に出ててくれるかしら」「え? ナッちゃん?」 すると察したカルディナは、足を止めたアイシアの肩をグッと押して、先に行くよう促す

あなたも好きかも:スロット 北斗 拳王 天井
 俺もナタルが残る理由には察しがつくため、その場を後にした

 二人きりとなったテテュラとナタル

 正確にはインフェルもいるのだが、先に口を開いたのはテテュラ

「何かしら……と聞くのは野暮ね」 こくりとナタルは静かに頷く

「……確かにクルシアは私の初恋よ

あんなに酷い男だったのにね」「ドクターといい、クルシアといい……あまり男運には恵まれてませんのね」「そうね

それを言うなら、計画を潰す誤算となったアルビオや中々やられてくれなかった殿下もそうかしら?」 もっと言えば、中身が男のリリアも該当するところを考えると、中々男運には恵まれないテテュラ

 そんな世間話をそこそこに、本題を口にする

「クルシアは……殺してもいいのよね?」 その言葉に特に動揺はしないテテュラは呆れたため息を吐き捨てる

「できるならどうぞ

もう以前のように止めないわ