ルーレット js

ルーレット js

レオンガンドが激昂するのもの無理はなかった

 ミオンは、ガンディアとの同盟関係の継続よりも、ミオンの安寧よりも、宰相の命を取ったのだ

理解し難いことだが、ミオンがマルス=バールの首を寄越さない以上、そういうことなのだろう

 レオンガンドは軍議を開き、一部戦力をミオン方面に集中させるように指示した

あなたも好きかも:カジノ 有力地
クルセルクとの決戦が控えているいま、大戦力をミオンに差し向けることはできない

あなたも好きかも:スーパーリアル麻雀 スロット
全軍を投入するなどありえないし、そんなことをすれば、がら空きになったザルワーン方面にクルセルクの別働隊が雪崩れ込んでくる可能性がある

 ミオンは、それを狙っているのかもしれない

 軍師や将軍の懸念は、そこにあった

 ミオンが未だにクルセルクと繋がっており、クルセルクからの援軍を期待できるからこそ、ガンディアを見限ったのではないか

クルセルクの総兵力は、現状、ガンディアを大きく上回っていると見る向きが強く、その見方を否定する根拠はなかった

あなたも好きかも:サミタ スロット オート
反魔王連合との戦いに決着を着ける傍ら、ミオンに援軍を差し向けるだけの戦力的余裕が、クルセルクにはあるようなのだ

 とはいえ、ミオンに潜入中の諜報員からは、ミオン国内にクルセルク軍の皇魔が潜伏しているという報告はなく、クルセルクとの繋がりは強いものではないのではないか、という声もあった

しかし、クルセルクなどの協力者が背後にいなければ、イシウスの決断は不可解極まるものだった

 ミオン一国の戦力では、ガンディアには勝てない

勝てるはずがない

局地的な戦いでは勝利を得ることができるかもしれないが、最終的にガンディアが勝利を得るのは、火を見るより明らかだ

兵力差は圧倒的であり、戦力の質でも、ガンディアが大いに上回っている