excite スロット

excite スロット

 鎌池和馬氏『とある魔術の禁書目録』は「現代社会に超能力や魔術が混在していたら」という「技術if」の世界観です

 このようにフィクションとは物語の「もしも」「if」要素にあたります

 それにより世界は、登場人物はどうなってくるのでしょうか

あなたも好きかも:オンラインゲーム 無料 初心者
当然現実世界とはかけ離れていきますよね

「プロット」に記す「場面(シーン)」ではどのように「もしも」「if」要素が効いてくるのかを考えるのです

その積み重ねが「エピソード」であり、小説でもあるのです

フィクションによる世界観構築 どのような「もしも」「if」要素を考え出せるかが書き手の腕の見せ所になります

「剣と魔法のファンタジー」であっても、J.R.R.トールキン氏『指輪物語』やTRPG《テーブルトーク・ロールプレイングゲーム》のゲイリー・ガイギャックス氏『Dungeons & Dragons』に準拠した「もしも」「if」要素かもしれませんし、ゲームブックのスティーブ・ジャクソン氏『Sorcery!』シリーズかもしれません

あなたも好きかも:パチンコ 屋 横浜
(ゲームブックとは「ページを読みながらサイコロを振って出た目で指定されたページに飛んで結果を知る『ゲームのように遊べる』書籍」を指します

ページ管理が面倒ですが『pixiv小説』で再現することはじゅうぶんに可能です)

 日本の「剣と魔法のファンタジー」といえば栗本薫氏『グイン・サーガ』に準拠した「もしも」「if」要素かもしれません

それら先例に拠らないオリジナルな「もしも」「if」要素を考え出せたら、書き手オリジナルの確固たる世界観が出来あがります

 水野良氏『ロードス島戦記』は当初『Dungeons & Dragons』を用いたリプレイ企画でそれに準拠していましたが、のちに出版されたリプレイ小説では『月刊コンプティーク』版とは異なり『ロードス島戦記RPG』というオリジナルTRPGの世界観でリライトされたのです