ブラックジャック テレビ

ブラックジャック テレビ

 そんな日々の果て、もうひとつの光に出逢った

 それは、ラングリードとは似て非なる光であり、だからこそ、彼は惹かれたのだろう

あなたも好きかも:スロット 潮騒
 セツナ=カミヤ

 再び彼のために戦えることほど、彼のために剣を振るえることほど、魂が喜ぶことはあるまい

ネミア=ウィーズにとって、方舟ウルクナクト号の日々というのは、驚きと衝撃の日々そのものであり、混乱の連鎖そのものといっても言い過ぎではなかった

 そもそも、彼女がウルクナクト号に乗ることになったのは、彼の愛しいひとであるラーゼンのせいだ

船と同じ名を持つラーゼン=ウルクナクトが、エスク=ソーマとしての主君であるセツナ=カミヤと行動を共にすると言い出したことで、ネミアの人生もまた、決まった

あなたも好きかも:朝から打つなら スロット
ネミアは、“雲の門”が東帝国の支配下に入ったときから、その人生のすべてをラーゼンに捧げるつもりでいたのだから、彼が東帝国を離れ、セツナの家臣に舞い戻ると決めた以上は、その判断に従う以外の選択肢はなかった

 元々の主君の元へ舞い戻るというのだ

東帝国に付き従うよりはずっとよかったし、元々、彼が東帝国に従属していたのだって、ネミアたち“雲の門”が人質に取られていたからにほかならない

記録上、ラーゼン=ウルクナクトは戦死し、ネミアたち“雲の門”幹部もニアフェロウにて西帝国に捕縛され、処刑されたことになった

そうすることで、“雲の門”の構成員たちの人質としての価値を皆無としたのだ

あなたも好きかも:基本無料 オンラインゲーム おすすめ
となれば、東帝国も“雲の門”人員の確保に無駄な手間をかけることはなくなるだろうし、利用価値のないものたちを監視することもなくなるだろうと考えられたからだ

 ラーゼンやネミアたちが自由になるには、それ以外の方法はなかった

 仮にラーゼンやネミアたちが生きたまま、西帝国に降ればどうなったか

東帝国によって、見せしめに“雲の門”の構成員たちが処断されたかもしれないのだ

さすがにそれでは、ネミアたちも西帝国には降れないし、ラーゼンも身動きが取れない

ラーゼンとしては、なんとしてもセツナの家臣に戻りたいという想いがあり、そのためには自分を戦死扱いしてもらう以外にはなかったようだ

そして、ネミアたちもそれに便乗した